IT Ninja

日ごろ得た有益な情報を、太平の世に発信するblogです。

5-2.ADの構成 5.Active Airectory(AD)サーバー Windows Server 2016 構築

Windows Server 2016 ~5-2.Active Directory(AD)の構成~

投稿日:

ここでは、ADの構成設定を入れ込んでいきます。

(1)ADの役割をインストールした状態でサーバーマネージャーを見ると、上部に注意マークが表示されます。
クリックすると、[展開後構成]を促すダイアログが表示されます。

 

(2)[このサーバーをドメインコントローラーに昇格する]をクリックするとウィザードが起動します。

 

(3)ここでは、新ドメインを作成するので、[新しいフォレストを追加する]を選択します。

 

(4)ルートドメイン名に任意のドメイン名を入力します。

 

(5)パスワードを入力し、[次へ]をクリックします。

 

(6)[次へ]をクリックします。

 

(7)[次へ]をクリックします。

 

(8)[次へ]をクリックします。

 

(9)前提条件のチェックに合格するとインストールを行うことができます。
[インストール]をクリックします。

 

(10)インストールが完了すると、再起動が行われます。

 

(11)再起動後はドメインにログインするように変更されます。
それまでローカルに持っていたアカウントは、全てドメインアカウントに更新されています。

 

(12)無事にドメインが作成され、ログインできました。

 

-5-2.ADの構成, 5.Active Airectory(AD)サーバー, Windows Server 2016 構築

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Windows Server 2016 ~3-1.Windowsファイアウォール~

必要に応じてファイアウォールを[無効化/有効化]します。 ここでは全て[無効化]とします。   (1)[Windows ファイアウォール]の[パブリック:有効]部分をクリックします。 &nb …

Windows Server 2016 ~7-3.スコープ(IPアドレスの範囲)の設定~

(1)サーバーマネージャーから[DHCP]を起動します。   (2)[ドメイン名]-[IPv4]を右クリックし、[新しいスコープ]をクリックします。   (3)[次へ]をクリックし …

Windows Server 2016 ~3-7.WindowsUpdate~

Microsoftから毎月パッチが配信されています。 出来るだけ最新の状態に保てるよう更新設定を行います。   インターネットからパッチをダウンロードする方法の他に、企業向けにはWSUSサー …

Windows Server 2016 ~3-3.コンピューター名~

ここでは、コンピューター名を変更します。   (1)[コンピューター名]の名称部分をクリックします。   (2)[変更]をクリックします。   (3)[コンピューター名] …

Windows Server 2016~6-3.DNSに登録したホスト名の動作確認~

ここでは、NSLOOKUPコマンドでホスト名からIPアドレスを参照することが出来るか確認します。 (1)コマンドプロンプトに「nslookup」と入力し実行します。 (2)ホスト名を入力します。 &n …

Categories

open all | close all

プロフ

なまえ:kou
twitter:@feiyen14se

SE暦15年になりました。
現在はインフラSEとして任務活動中。
任務中に得た情報を備忘録的にまとめていきます。

最近のコメント