IT Ninja

日ごろ得た有益な情報を、太平の世に発信するblogです。

6-5.DNSエイリアス動作確認 6.DNSサーバー Windows Server 2016 構築

Windows Server 2016 ~6-5.DNSに登録したエイリアス名の動作確認~

投稿日:

ここでは、NSLOOKUPコマンドでエイリアス名から対象のホスト名とIPアドレスを参照することが出来るか確認します。

(1)コマンドプロンプトに「nslookup」と入力し実行します。

(2)エイリアス名を入力します。

 

(3)エイリアス名から対象のホスト名とIPアドレスを引くことができました。

-6-5.DNSエイリアス動作確認, 6.DNSサーバー, Windows Server 2016 構築

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Windows Server 2016 ~5-1.Active Airectory(AD)のインストール~

まずは、ADの役割をインストールします。 (1)役割と機能の追加をクリックします。 (2)[次へ]をクリックします。   (3)[次へ]をクリックします。   (4)[次へ]をクリ …

Windows Server 2016 ~6-2.DNSへホスト(HOST、A)の登録~

ここでは、ホストを登録します。 (1)サーバーマネージャーから[DNSマネージャー]を起動します。   (2)[前方参照ゾーン]-[ドメイン名]を右クリックし、[新しいホスト]をクリックしま …

Windows Server 2016 ~3-9.slgmrコマンド 評価版の期限延長~

評価期間が終了した場合、時限式で自動シャットダウンされるようになります。 評価期間を延長したい場合は「slmgr /rearm」を入力することによりライセンス状態をリセットすることが出来ます。 &nb …

Windows Server 2016 ~7.DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)サーバー~

ここでは、動的にIPアドレスを割り振ることが出来るDHCPサーバーの構成を行います。

Windows Server 2016 ~5-2.Active Directory(AD)の構成~

ここでは、ADの構成設定を入れ込んでいきます。 (1)ADの役割をインストールした状態でサーバーマネージャーを見ると、上部に注意マークが表示されます。 クリックすると、[展開後構成]を促すダイアログが …

Categories

open all | close all

プロフ

なまえ:kou
twitter:@feiyen14se

SE暦15年になりました。
現在はインフラSEとして任務活動中。
任務中に得た情報を備忘録的にまとめていきます。

最近のコメント